プロテインで注意すべき点は?

プロティンを取り入れていく際には、摂取する際の注意点を知る必要があります。まず第1に、プロテインは一度にたくさんの量を摂取したからといって、それだけ効果が高くなるものではありません。プロテインは基本的に栄養バランスが考えられていますが、大量に摂取してしまうと糖分の取りすぎやその他にもアミノ酸の過剰摂取になってしまうことがあるのです。体内でしっかりと吸収されず、消化しきれなかった成分については脂肪につながってしまうことがあるので、注意してください。プロテインまた、食事の代わりにプロテインを摂取する場合、1日のうち一回から2回にとどめておきましょう。毎日三食分をプロテインのみで過ごしてしまうというのは、栄養バランスが偏ってしまう、もしくは栄養不足になってしまうことが考えられます。プロテインを飲む際には水や牛乳で溶かして飲むケースがほとんどですが、甘い炭酸飲料やその他にもお砂糖をたくさん使ったドリンクで溶かすことは避けましょう。

これをしてしまうと、糖分過多になってしまうためプロテインを摂取している意味がなくなってしまうのです。それぞれの商品には消費期限が決められています。大幅に消費期限を過ぎてしまったものについては残っているからといって摂取するべきではありません。新しいものを購入し、摂取するようにしてください。プロテインの管理状況によっては虫がわいてしまうこともあるので、衛生管理にも注意しましょう。

どのタイミングで摂取する?

プロテインを摂取するプロテインを摂取する際には、どのようなタイミングが良いのでしょうか?必ずしも運動前である必要はありません。トレーニングをして筋肉を引き締めたい方やボリュームアップをしたい方は、当然トレーニングの前がよいでしょう。とはいえ、トレーニングの前にはあえてプロテインを摂取せず、さらには食事もしない状態の方がいます。この場合にはトレーニングが終了してから栄養補給として、プロテインを摂取しましょう。食事の置き換えとして一定期間プロテインを摂取する場合には、夕飯の機会に用いるケースが多いようです。

朝食や昼食を置き換えても夕飯で暴飲暴食をしてしまうと意味がありません。朝ご飯、そしてお昼ご飯については、バランスの良い食事をとり夜ご飯をプロテインに置き換えることでトータル的なカロリーを減らしましょう。これならば上手に置き換えのメリットを生かすことができるでしょう。プロテインはお薬ではありませんので、決まったタイミングというものが存在していません。その人によってベストだと思うタイミングで摂取すれば良いのです。ただし、寝る直前にプロテインを摂取してしまうといった生活は注意。続けてしまうと含有された成分によっては体重増加につながってしまうことがあるため注意してください。

タンパク質に重視する

たんぱく質を含んでいるプロテインを選ばなければ脂肪につながってしまうことや、効率的に脂肪を燃焼することができずせっかくの運動が台無しになってしまうことがあるのです。一口にタンパク質といっても動物性のものと植物性のものがありますが、これについてもしっかりと目的に合わせて選んでいきましょう。

また、たんぱく質がたっぷりと含有されているものでも、それと同時に糖分が多く含まれているようであれば避けた方が良いです。商品によってタンパク質の質、さらには含有量が違っておりプロテインのテイストも違っているのです。実際に口に入れてみればおいしいと思うものでも、口に運ぶまでの臭いが苦手などのケースもあります。まずは少量タイプの商品を購入し、試してみるのが1番かもしれません。たんぱく質についてはあらかじめ成分の表示をチェックすることで良質のものが得られるのではないでしょうか。不足しがちな成分を補い、なおかつご自身の求める成分がたっぷりとバランスよく含有されているプロテイン選びができるようになりましょう。

プロテインの選び方を覚えよう

プロテインドラッグストアをはじめ、インターネットでも非常に多くのプロテインが購入できるようになりました。様々なプロテインがある中で、どれを選べばよいのか、わからないと悩んでしまうのも当然。ここではプロテインの上手な選び方について詳しくお話していきましょう。プロテインと一口に言っても、それぞれに含有されている成分も違っており、メインとなる成分や重視するべき成分が違っているのです。目的に合わせたプロテインを選ぶことがとても大切。

自分の目的には見合わない成分がたくさん含有されているものを選んでしまうと、思った通りに栄養を摂取することができません。そればかりかトレーニングやエクササイズも行っていても思うような結果が得られないことになってしまうのです。プロテインと一口に言っても糖分の多いものや、栄養バランスがさほど良くないという商品もありますので、注意してください。プロティンを選ぶ際にはたんぱく質を中心に成分をしっかりとチェックしてみましょう。もちろんその他にも、ランニングコストや含有されている栄養成分の全体的なバランスを意識することも大切です。

ドラッグストアならば薬剤師の方や売り場担当の方にある程度説明を聞くことができますが、ネットで購入する場合などには、選び方もわかりません。有名だから良いといった認識ではなく、自分の求める目的に合っているものを探すことが大切なのです。早い段階で自分の目的にマッチしており、なおかつ気に入ったものを見つけるためにも、プロテインの選び方は購入までに覚えておきたいものです。

loading
×